建礼門院右京大夫集 現代語訳

269 - 270 晴れわたる/つきもせず

四方の木々も、庭の景色も、みな心地よさげで、青緑であるのに、小鳥たちのさえずる声々も、屈託なさそうなのにつけても、まず涙で胸がいっぱいになって、

晴れわたる空のけしきも鳥のねもうらやましくぞ心ゆくめる

晴れ渡っている空の様子も鳥の声も、うらやましいことに、満足しているようです。

つきもせずうきことのみ思ふ身は晴れたる空もかきくらしつゝ

尽きもせずにつらいことばかりを思う我が身には、晴れている空も涙で始終暗く見えるのです。

 


メモ

 


back next

 





ページのトップへ戻る