建礼門院右京大夫集 現代語訳

268 いかにせん

三月の二十日あまりの頃、はかなく別れた人(平資盛)が水の泡となった日なので、例のように、我が心ひとつに秘めて、あれこれ思い、法事を営むにつけても、私が亡くなった後、誰がこれほども思いやるだろうか。このように私が思ったことといって、そのことを思い出す人もないのが、堪え難く悲しくて、しくしくと泣くより他にない。我が身が亡くなることよりも、このことが悲しく思われるので、

いかにせん我(わが)のちの世はさてもなほ昔のけふをとふ人もがな

自分の後世のことはさておいて、昔の人(平資盛)の今日のこの忌日を弔ってくれる人があってほしいものだが、ありそうにもない。

 


メモ

三月の二十日あまりの頃 三月二十四日が平資盛の命日。

『玉葉和歌集』雑四に所収。


back next

 





ページのトップへ戻る