建礼門院右京大夫集 現代語訳

267 別れにし

五月二日は、昔の母(夕霧)の忌日である。気持ちは悩ましかったけれど、手などを洗って、念仏申し、経を読む法師を呼んで、経を読ませて、聴聞するにつけても、また来年の法事できないかもしれないと思うにつけても、さすがにしみじみとして、袖もま濡れた。

別れにしとし月日にはあふこともこればかりやと思ふかなしさ

年忌や祥月命日にあうことも、これが最後ではないかと思うと、悲しいことです。

 


メモ

 


back next

 





ページのトップへ戻る