建礼門院右京大夫集 現代語訳

257 うらやまし

まだ夜の明けないうちに、都へ出る道は志賀の浦にあるが、入江に氷が張っていきながら、寄せてくる波がすぐに凍ってしまって帰らない心地がして、薄雪が積もって、見渡してみると、白い布のようである。

うらやまし志賀のうらわの氷とぢかへらぬ波も又かへりなむ

志賀の浦廻は氷が閉じこめ、寄せてくる波がすぐに凍ってしまって帰らないようだが、その波もまた時節が来て氷が解ければ帰ることでしょう。あの方(平資盛)が帰ってくることはないので、うらやましいことです。

 


メモ

志賀の浦 琵琶湖の湖岸。


back next

 





ページのトップへ戻る