建礼門院右京大夫集 現代語訳

253 さらでだに

たいそう心細い旅の住居に、雪が消えずに残っていて、どうにか雪にならずにかき曇ったままの空を眺めながら、

さらでだにふりにしことの悲しきに雪かきくらす空もながめじ

そうでなくても昔のことが悲しいのに、雪が今にも降ってきそうな空なんて眺めたくない。

 


メモ

ふり 「雪が降ること」と「古くなった昔のこと」をかけている。


back next

 





ページのトップへ戻る