建礼門院右京大夫集 現代語訳

252 何ごとを

日吉へ詣るが、雪が空が暗くなるほど強く降り、輿の前板にひどくたくさん積もって、通夜した夜明けに、宿へ出る道すがら、すだれを上げたところ、袖にも懐にも、横の方から降ってくる雪が入って、袖の上は払ってもすぐにまだらに凍る。趣深いが、見せたいと思う人(平資盛)がいないのはあわれである。

何ごとを祈りかすべき我袖の氷はとけんかたもあらじを

どんなことを祈ればよいのか。私の袖の涙の氷は解ける方法もあるまいに。

 


メモ

 


back next

 





ページのトップへ戻る