建礼門院右京大夫集 現代語訳

250 我心

はるかに都の方を眺めると、はるばると隔たっている空にも、

我心うきたるまゝにながむればいづくを雲のはてとしもなし

我が心が落ち着かないままに眺めると、どこを果てというわけでもなくはるかに雲が続いている。

 


メモ

 


back next

 





ページのトップへ戻る