建礼門院右京大夫集 現代語訳

261 うきことの

平凡な物語りを人がするのに、聞いていると思い出されることがあって、わけもなく涙がこぼれはじめて、止めどなく流れたので、

うきことのいつもそふ身は何としも思ひあへでも涙おちけり

つらいことがいつも身に添う私は、どういうわけかわからないときでも涙が落ちることです。

 


メモ

『玉葉和歌集』雑四に所収。


back next

 





ページのトップへ戻る